Q:伸び盛りの時期にカルシウムだけ与えても吸収されにくいって本当?
A:本当です!大事な成長期に必要なのは“適切な栄養バランス”でした!
>>詳細はこちらをクリック!

成長期である中学2年生の睡眠時間はどのくらいがベスト?

 

成長期である中学2年生の睡眠時間は
どのくらいがベストなのでしょうか?

 

伸び盛りのピークを迎える子が多い14歳。

 

男子は、体つきが男らしくなってきます。

 

この時期の睡眠はとっても大切で、
理想的な睡眠時間は8時間といわれています。

 

「寝る子は育つ!」という言葉があるように、
しっかり眠ることは成長にとても大切ですし、
この言葉は、科学的にも正しいことが証明されています。

 

理想の8時間を目指して生活習慣を整えていきましょう。

 

 

身長を伸ばすためには、
成長ホルモンの分泌を盛んにすることが大切ですが、

 

成長ホルモンの分泌は、
22時から翌日2時くらいまでの間が最も多くなるそうです。

 

ですから、22時には就寝したいですね。

 

早起きの習慣も身につけたいですから、
6時に起きる様にすると良いでしょう。

 

中学2年生と言うと、高校受験の1年前。

 

この時期から早めに起きて、
朝勉強するという習慣をつけるのも良いと思います。

 

 

また8時間の睡眠時間と言っても、
質の良い睡眠をとることが重要です。

 

ストレスがたまっていたり、
睡眠の環境が悪いと、どうしても睡眠の質が悪くなります。

 

適切な運動をしたり、
ベッドや照明などの睡眠環境を整えて
質の良い睡眠がとれるようにしてあげましょう。

 

 

14歳というと、自分専用のスマホを持っていて寝る前に使っていたり、
塾などで帰宅時間が遅くなったりして、
22時にはなかなか眠れないという子もいると思います。

 

ですが、成長期真っ只中のこの時期には、
睡眠はとても必要なことですから、

 

お子さんにも話してきかせて、
しっかり眠れるようにサポートしてあげてくださいね。