Q:伸び盛りの時期にカルシウムだけ与えても吸収されにくいって本当?
A:本当です!大事な成長期に必要なのは“適切な栄養バランス”でした!
>>詳細はこちらをクリック!

中学2年生男子の平均身長が気になる・・・

 

中学2年生男子の平均身長は何センチくらいなのでしょうか?

 

成長期は、小学校高学年くらいから始まり、
高校生くらいの間だと言われていますが、

 

14歳くらいに成長のピークを迎える子が多いといわれています。

 

 

同じ14歳の子達をみていると、
みんなどんどん大きくなっているけれど、
うちの子はまだ大きくならない・・・

 

「平均の身長は、何センチくらいなんだろう?」

 

「うちの子は、平均に比べてどのくらい小さいの?」

 

などと、心配な親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

中学2年生男子の平均身長は

14歳0ヶ月で162.8cm
14歳11ヶ月で166.8cm

というデータがあります。

 

このデータよりも小さいと、

 

早く大きくなったらいいな・・・
平均くらいになってくれると安心なのに・・・

 

と思ってしまうかもしれませんが、
成長には個人差があるので焦っても良いことはありません。

 

このデータは、あくまでも平均ですから、
目安程度に捉えてくださいね。

 

それよりも、
この時期に必要な栄養を摂らせたり、
しっかり眠れるような環境を整えるなど、

 

親として可能な限りの生活環境の提供を
行って行くことが大切です。

 

 

平均よりもあまりにも小さい場合は、
「低身長」である可能性があります。

 

ホルモン治療が必要な低身長の場合は早期発見が必要です。

 

平均と比べてかなり小さいという場合は、
小児科や専門医の診断を受けてくださいね。

 

 

また、身体と共に心も大きく成長するときです。

 

食事は楽しく家族で食べるようにするなどして、
親子のコミュニケーションの場にするようにしてみてはいかがでしょうか。

 

身長を伸ばすためにはどうする?